FC2ブログ

記事一覧

女子が少ない学科でもやっていけるのか

こんにちは、工学部情報システム工学科3年の酒巻です。今の1,2年生でいう情報工学科に所属しています。

今回は、女子が少ない学科に所属する新入生の方々にむけて、皆さんが不安に思うことの1つ、学科内の女子が少なくてもやっていけるのかということについてお話したいと思います。

私が入学したとき、私の学科では全58人中女子は8人でした。約14%です。
前年度は3人だったので、これでも例年より多いと言われました。
他の学科だと、化学系学科は女子比率がこれより高く、物理系学科は逆に低い傾向があります。
大学という今までとは違う環境になるだけでも不安は尽きないのに、4年間過ごすうえで女子の人数が少ないというのは心配ですよね。
実際、私は6年間女子校に通っていたこともあり、そのような環境でもやっていけるのかとても不安でした。

結論からいいますと、その心配は多くの場合杞憂です。
というのも、自分以外の女子も同じようなことを考えているからです。
だからこそ、過ごしていくうちに団結力や結束力が強くなるように感じました。
新入生合宿やスプリングフェスティバルもありますが、確実にガイダンスではほとんど全員が集まります。
ガイダンスでは休憩時間が設けられているので、そこで勇気を出して話しかけてみれば、大学生活を一緒に送る友達を作ることができます!

このように学科内に気の許せる女子の友人を作ることはもちろん、学科外での交友関係を広げることも不安を解消してくれるでしょう。
部活、サークルだけではなく、実は英語などの授業でもそのチャンスはあります!

ここまで女子が少ない学科でもやっていけるのか、ということについて答えてきました。
他にも理系女子ならではの悩みごとや不安なことか何かあれば、3月、4月に新入生の皆さんに向けた座談会がありますので、是非空手部道場にお立ち寄りください。
私たち空手部も、男子に比べて女子が少ない環境で活動しています。
また理学部に所属する女子部員もいるので、様々な悩みに対してお答えすることができるかと思います。
部員一同、お待ちしております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
押忍。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント